危険を察知できる体制へ

そこには

セキュリティアクションがないといけません。

 

そういった時にも「異常を見抜ける」存在であってほしい。そういう意識のある人たちを育成していってほしい。

 

多くの方が「防災人」になっていただけますように。と願っています。

離れて暮らす家族の元へ

届けてみましょう 安全の配慮を!